アフィリエイト応援ブログ

アフィリエイトで稼ぎたい個人を応援します。

Amazonなどのアフィリエイトを申請するための記事の書き方

アフィリエイトイメージ

物販アフィリエイトをするとなると、Amazonアソシエイトやこのブログでおすすめしているもしもアフィリエイトなどに、提携の申請をすることになります。しかしある程度記事が書かれていて運営されていないと審査には通りません。この記事では基本的な記事の書き方をお伝えします。

Amazonなどのアフィリエイト記事の書き方

アフィリエイト記事の書き方と言っても、どんな記事でもだいたいの構成は同じようなテンプレートになります。

  • リード文
  • 結論(答え)
  • 関連情報

なぜこのテンプレートになるのか。それは基本的に記事というものは検索に対する答えだからです。自分のポエムや雑記が書きたいなら別ですが、ブログでアクセスを稼ぐのであれば検索に対する答えが必須になります。

 

SEO対策を意識しながら書きましょうという考え方と基本的には同じですね。

リード文の役割

検索に対する答えを書くためにまず、リード文で「あなたの探している答えが書いてあります。」と明らかにします。この記事でも「基本的な記事の書き方をお伝えします。」と書いています。このリード文を読んでもらうことで、次の結論(答え)の見出しに移動してもらうわけです。

結論(答え)の役割

これは検索されたワードに対する答えを書きます。ここにアフィリエイトリンクが入ると考えていいでしょう。「掃除 おすすめ」で検索されたなら、「おすすめの掃除用具」が答えになります。この答えを明確にします。

関連情報の役割

「おすすめの掃除道具」を紹介したとしたら、その次の見出しで関連情報を追記します。

 

「なぜこの掃除道具がおすすめなのか」これはもう結論(答え)として書いているかもしれません。その場合は「なぜ」を裏付けるような事実を書いたり、「おすすめ」である理由をもっと重ねたりします。

 

関連情報を先に書いた方が良さそうにも思えますが、たいていの読者は「早く答えが知りたい」と思っています。そんな読者に対して長々と前置きするのは逆効果です。先に答えを書いて、関連情報でより強調できれば、前の段落へ戻ってクリックされます。

 

関連情報の下にもう一度アフィリエイトのリンクを置いても大丈夫ですが、あまりに売りたい記事になってしまうと逆に売れなくなる可能性もあるので関連情報の長さ次第でしょう。同じ1ページの画面にアフィリエイトリンクが2つもあるとちょっと嫌な感じがしませんか?

Amazonなどのアフィリエイト記事の文字数

アフィリエイトイメージ

ここまでこの記事を書いてきて、約1,000文字です。最初のうちは700文字から1,000文字くらいの情報がひとつの記事に書いてあれば十分でしょう。アフィリエイトの審査には通るレベルの記事になっていると思います。

 

「1,000文字も書けない」と思ったら、それはおそらく選択するジャンルを間違えています。自分が詳しいジャンルであれば、1,000文字書くのはそれほど難しいことではないです。というよりも、自分が詳しくないジャンルでアフィリエイトするのは不可能に近いでしょう。

 

「掃除道具」を紹介したいのであれば「掃除」のジャンルでまず5記事ほど書く必要があります。5記事x1,000文字が構成できたら、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に申請することができます。

 

同じジャンルで5記事が書いてあれば「ブログが運営されている」と見てもらえます。ASP側からしてみると、どんな方向性でアフィリエイトするのかわかりやすくなっているからです。

Amazonなどのアフィリエイトをするための記事数

そして「掃除道具」で収益をあげたいなら、「掃除」のジャンルで30記事を用意する必要があります。SEO対策の話になってきますが、それくらいの専門性がないとアフィリエイトとして成立しません。様々なものを紹介する雑記ブログではほとんど収益は出ないでしょう。

 

とても難しいことのように思えますが、逆に考えると自分が詳しいことだけ書けばいいということです。好きなことでもいいです。30記事を用意するためには、同じジャンルの記事を参考にして書くこともあります。詳しいことや好きなことであれば「パクる」という最悪の手段を取らなくて済むでしょう。

 

最初は難しいかもしれませんが、だんだんとライティングのスキルは上がっていきます。30記事に到達することにはかなりそのジャンルに詳しくなっているでしょう。どんなジャンルでアフィリエイトするのかしっかり検討してから始めてみてください。