アフィリエイト応援ブログ

アフィリエイトで稼ぎたい個人を応援します。

カエレバが使えない!?個人ならもしもアフィリエイトで全て解決する!

アフィリエイトイメージ

「カエレバが使えなくなった」こういう声をよく聞くようになりました。わたしが関係しているメディアでもカエレバが使えなくなり、別のASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に乗り換える必要がありました。

 

もしあなたが個人でアフィリエイトするならもしもアフィリエイトで全て解決します

カエレバでアフィリエイトするメリットとデメリット

なぜアフィリエイトでカエレバが使われるのでしょうか。

それはこのようなブログパーツを簡単に作成してくれるからです。

カエレバイメージ

Amazonと楽天の商品リンクがあるので、Amazonを普段使っているユーザーはAmazon、楽天ポイントを集めているユーザーは楽天で変えるので、取りこぼしがなくなります。これは大きなメリットです。

 

デメリットとして売上の一部をカエレバ運営に取られてしまいます。具体的には自分の売上になるはずだったクリックが、カエレバの売上として乗っ取られてしまうのです。売上の一部を取られたとしても、カエレバを使うと収益が増える傾向があるので使われています。

 

しかしカエレバにかなり大きな改悪がされました。Amazonの商品で検索することができなくなったのです。カエレバを使ったとしても、ほとんどの収益はAmazonの商品リンクから生まれます。そのAmazonで商品を検索できないのではほぼ使い物になりません

カエレバのかわりにもしもアフィリエイトで解決!

そこでおすすめしたいのがもしもアフィリエイトです。

もしもアフィリエイトにはかんたんリンクという仕組みがあり、このようにAmazonと楽天の商品ボタンを設置できます。

 

 

見た目を良くするためにちょっとカスタマイズしていますが、そもそもカエレバを使っているアフィリエイターもこれと同じようなカスタマイズをしていますね。

 

かんたんリンクの大きなメリットはクリックされた収益はすべて自分の収益になることです。

 

もちろんAmazonの商品名や商品ページを貼り付けることで検索できるので、もはやカエレバを使う意味はほとんどありません。

かんたんリンク検索

 

カエレバのメリットとして「ブログパーツが見慣れている」というものもあります。読者が心理的な不安なく、リンクをクリックできるのです。これはもしもアフィリエイトのかんたんリンクでも同様です。見た目がほとんど同じなので心理的な不安はありません

 

わたしが運営している物販ブログは全ての収益をもしもアフィリエイトの「かんたんリンク」が稼いでくれています。

 

またカエレバを使うということはAmazonアソシエイトを使うことになりますが、このAmazonアソシエイトの規約が変わったことも、カエレバが使えなくなった理由かもしれません。

 

この規約変更でAmazonアソシエイトよりもしもアフィリエイトを使った方がいい状況になっています。次の記事で解説しているので参考にしてください。