アフィリエイト応援ブログ

アフィリエイトで稼ぎたい個人を応援します。

もしもアフィリエイトはYouTubeに貼れるのか?稼げる実例を紹介!

YouTube

今は何かを検索するのにYouTubeが使われることが多くなっています。そうなると、ブログが読まれなくなり、収益が下がってしまうかもしれません。では、アフィリエイトのリンクをYouTubeに貼ればいいのでは?しかしちょっと注意が必要になってきます。

もしもアフィリエイトのリンクはYouTubeに貼れるのか?

 もしもアフィリエイトのガイドラインでは以下のSNSに広告を貼ることができます。

ガイドライン

 

YouTubeにもリンクは貼れますが、OKかどうかはプロモーションごとに規定されています。

 

例えば楽天のプロモーションはYouTubeに直接貼ることができます。

楽天プロモーション

 

AmazonのプロモーションもYouTubeに貼ることができます

Amazonプロモーション

 

しかし、Amazonのプロモーションはかなり審査が厳しくなっています。

数百人程度のチャンネル登録者ではもしもアフィリエイトの審査に通りませんでした。

 

もしチャンネル登録者が1,000人以上なら、Amazonの審査に通るかもしれません。しかし1,000人以上のチャンネル登録者がいれば、もしもアフィリエイトでの物販と比べて数倍の収益が得られますので、そもそも物販の必要性があまりなくなります。

YouTubeからもしもアフィリエイトへ誘導する実例

以前はできませんでしたが、YouTubeの動画詳細欄に自分のブログのアドレスが貼れるようになりました。つまりYouTubeから自分のブログへ誘導するように動画内で案内することができます。

 

YouTube動画説明

 

YouTubeの動画ではAmazonの商品を紹介して、ブログ記事へ誘導しています。ブログの記事の方では、その商品の追加説明をしてアフィリエイトをリンクを貼っておけばちゃんと売れていきます

 

上記の画像では、Amazonアソシエイトのリンクとブログのリンクを貼っていますが、Amazonのリンクがクリックされたことはありません。それよりも視聴者はもっと詳しい情報が知りたくて、ブログのリンクの方をクリックしています

ブログとYouTubeの相乗効果は高い!?

前述したように、YouTubeの動画を観て興味をもったユーザーは、Amazonの商品リンクではなく解説ブログの方をクリックする傾向があります。YouTube動画では解説が不足しがちですので、それを補うようにブログを書いておきます。

 

YouTubeからブログのリンクをクリックしたユーザーは、相当高い関心を持っています。

そのため、ブログの物販アフィリエイトリンクもクリックされやすくなり、必然的に売上もあがるようになります。どれくらい売上が上がるのか。Amazonの物販アフィリエイトであれば、紹介した商品が売り切れるくらいに売上が上がります。

 

加えて、もしもアフィリエイトを使っているので、紹介していない商品でも売上が上がるようになっています。そのあたりをもうちょっと詳しく解説した記事があるので、ぜひ参考にしてみてください。

easy-affiliate.hatenablog.com